過去の健康相談事例です。どうぞ参考になさってください。

性別 年齢 20歳代 場所 堤防で 原因 スケボーをしていて転倒
症状 右手首を骨折
Q. 病院でレントゲンをとってもらい骨折していると言われました。手術をしないといけないそうなのですが、どうしても手術は避けたいのです。手術せずに治すことは出来ないのですか?
A. 当院では病院で手術をしないといけないと言われた骨折でもきちんと整復と固定をして治している例はいくつもあります。ただ骨折の状態によっては手術も検討せざるを得ない場合もございますので一度診させていただきたいと思います。
当院は手首の骨折の治療は特に得意としてりますので早めに来院してみて下さい。
性別 年齢 60歳代 場所 不明 原因 仕事で
症状 左のお尻の中央から外あたりが痛む
Q. 左足の付け根あたりが痛むのですが、なぜか痛むのかよくわからないのです。
何かわかりますでしょうか?
A. まず考えられるのが坐骨神経の痛みです。腰椎(腰の背骨)から出た神経が束になり、骨盤の前を通り梨状筋下孔という穴から骨盤の後ろ外に出ます。ご質問の痛みの箇所はちょうどこの辺りではないでしょうか。坐骨神経痛にはいろいろなタイプ(原因による)があります。
次に考えられるのが股関節病変です。年齢的に先ず、変形性股関節症、単純性股関節炎を疑います。その他にも股関節には様々な病気があります。
以上2箇所を、まず疑います。一度来院されて、診察させていただければ、痛みの箇所、原因が絞れると思います。お待ちしています。
性別 年齢 20歳代 場所 家、仕事場 原因 パソコンを長時間しているため
症状 パソコンをしていると首から肩にかけて凝ってきて気分が悪くなる。
Q. 座っている姿勢が悪いためでしょうか、パソコンをしていると首から肩にかけて凝ってきます。ひどい時には頭痛や吐気まで出てくる事があります。どのような治療がありますか?
A. 当院では問診や診察をして症状に応じた治療をさせていただいております。肩こりなどの症状の方には低周波治療やストレッチ、マッサージや鍼治療などをしています。鍼は使い捨てで髪の毛ほどの細さのものを使用していますので、安心で痛みもほとんどありません。また鍼治療は辛い筋肉に直接刺激できますので肩こりなどの症状には非常に効果的です。どうしても鍼治療が苦手な方は診察の際に断っていただいても結構ですので一度来院してみて下さい。
性別 年齢 10歳代 場所 公園で 原因 サッカーをしていて
症状 左足の外のくるぶしのあたりが痛い
Q. 息子がサッカーで足をひねり病院でレントゲンをとったのですが、骨には異常がないという事でシップを貼って様子を見ています。怪我をしてから3日経ちましたが腫れがひかず痛みも変わっていないというのです。どうしたらよいですか?
A. 足の捻挫といっても軽度のものから重度のものまでありますので、一度来院していただいて診察しなければ、なんともいえません。レントゲンでは骨の状態しかわかりませんが、当院ではエコーで骨や筋肉、靱帯の状態まで詳しく診る事が出来ます。骨折でなくても重度の捻挫では固定も必要ですので、早期の治療をお勧めします。ご来院お待ちしております。
性別 年齢 30代 場所 不明 原因 不明
症状 肩と腰が辛い
Q. 普段仕事が忙しくて、なかなか治療に行けません。
肩と腰が辛いのですが何か良い方法はないですか?
A. 当院では普通治療とは別に30分・60分・90分コースの予約治療があります。
平日はPM2:00とPM8:00、土曜はPM1:00の予約となっております。
料金は30分2500円〜、60分4000円〜、90分6000円〜となっております。
ご都合のよろしい時間帯がございましたら、いつでもご連絡下さい。お待ちしております。
性別 年齢 60歳代 場所 不明 原因 不明
症状 膝が痛む
Q. 母が、膝が腫れていて歩く時や階段の上り下りが痛いそうなのですが、どうすれば治りますか?
A. 一度診察してみないとなんともいえませんが、特に原因がなく膝が痛む症状でご年齢からしてまず考えられるのは、膝の単純性関節炎や変形性膝関節症です。単純性関節炎とはいわゆる関節に水がたまるというものです。関節に水というのは誰にでもありますが、その量が一定以上になると、水がたまったという状態になります。当院では、膝にシップとパットを当て包帯で圧迫しています。変形性膝関節症は長い間かけて徐々に膝関節の軟骨が減ってまわりの骨が増殖して痛みを起こすものです。治療としては、膝関節の安定の為のトレーニングの指導や、痛みに対しては鍼灸治療や温熱療法などをしています。診察やエコー検査をした上で痛みの原因を詳しく説明させていただきますので来院してみて下さい。お待ちしております。
性別 年齢 40歳代 場所 家で 原因 不明
症状 寝ている時に足がつる
Q. 最近寝ている時によくこむらがえりがおき何度も起きます。
どうしたらならないようになりますか?
A. こむらがえりは、腓腹筋(ふくらはぎ)におこるけいれん(筋肉が発作的に収縮を繰り返すこと)です。原因の多くは、筋肉の疲労、血流の低下、酸素の不足などによって、通常の筋肉の緊張を保てなくなり発生します。特に運動中や就寝中によくおこります。当院ではストレッチやマッサージや鍼治療、対処法と予防法をお教えしております。詳しい症状の説明などは診察の際にさせていただきますので一度来院してみて下さい。
性別 年齢 50歳代 場所 不明 原因 不明
症状 中指を曲げてから伸ばす時に痛い
Q. 少し前から中指を曲げて伸ばそうとする時に伸びにくく、何かひっかかっている感じがします。
原因はわかりますか?
A. 指をある程度曲げていて、これを伸ばそうとしたとき、ある角度までくると突然伸びなくなり、力を入れると突然急速に指が伸びる状態のことを弾発指(バネ指)といい、腱鞘炎の一種です。診てみないとわかりませんが、症状からして弾発指の可能性があります。原因としては、手指を過度に使用することが第一ですが、時として外傷が誘因となることもあります。当院では超音波療法、関連する筋肉のストレッチ、運動療法が主体となりますが、それと併用してテーピング、鍼治療などもおこないます。この症状は安静が大事ですので時に固定装具を施す場合もあります。一度来院してみて下さい。お待ちしております。