平成21年6月28日(日)
ヒグチ整骨院グループ主催による第57回近畿接骨研究会を開催いたしました。
多数の先生方に参加頂き、今回は『上腕骨外科頚骨折の整復法と固定法』という内容にて、
ヒグチ整骨院 院長 樋口正宏による講演の様子です。
今回の近畿接骨研究会、内容は上腕骨外科頚骨折の整復法と固定法といたしまして、
まず 過去の症例からみた上腕骨外科頚骨折の特徴、レントゲン画像における所見を考え講義されています。
レントゲンの画像からみてわかる骨折の分類、特徴などを考えていきます。
また整復の方法などをしっかり説明されています。
実際に治療でおこなっている固定方法を注意点など説明されつつ実演されている様子です。
その後、グループに分かれて実際に固定材料を使用して固定法をおこなっていきます。
今後の診察、治療に大変参考となる研究会でした。