平成21年8月23日(日)大阪商工会議所にて開催されました、
第3回 社団法人 日本柔道整復師会 大阪学会に参加をいたしました。
今学会は今後の柔道整復師の発展を願い各地域から多数の先生方が、
臨床経験をもとに研究成果を発表されます。
ヒグチ整骨院グループ淡路本院院長、樋口正宏が、
「レナサームを使用した第1中手骨基部骨折の整復・固定」という内容で今学会にて講演をいたしました。
日本柔道整復師会 大阪学会、開会式と変形性膝関節症に関する特別講演の様子です。
淡路本院、樋口院長の講演の様子です。
今回は手の骨折の整復・固定に関しての研究成果を
講演されています。
樋口院長、講演後の撮影です。
講演終了後に発表内容のパネルを用いて質問に答えられている様子です。

多くの講演を聞くことができ、今後の臨床に大変参考になる大阪学会だったと思います。