平成22年4月25日(日)日本超音波骨軟組織学会
第20回 西日本支部学術集会が富士通関西システムラボラトリにて行われました。
ヒグチ整骨院グループ、各院院長はじめスタッフが参加いたしました。
今学会の内容は『膝・足関節』について各先生方が症例をもとに、
超音波を使用した画像所見、それに対しての治療例やその後の経過などが発表されました。

手渡された資料を基に真剣に講演を聞いています。 講演は症例の超音波画像などプロジェクターに映し進められました。
午後からはセミナーに入り実際に超音波画像診断装置を使用して上肢の骨や組織などの
細かい観察法から画像の比較などを考え、研究していきます。

今学会では多数の症例を見ることができ超音波による画像観察の有用性を
再度、認識することができ今後の診察に大変参考となる学術集会でした。