平成23年1月30日(日)柴島センターにて、第66回近畿接骨研究会が行われました。
今回は『中手骨・指骨骨折の整復法と固定法』という内容で、講師 ヒグチ整骨院院長
樋口正宏による講義の様子です。

講義にはホワイトボートやスクリーンを用いて行います。
指の骨折の病態や分類、今までの症例などを見ていきます。
実技での講義の様子です。
整復法と固定法を実演しています。
講義の後、それぞれ実際に固定を作成していきます。

今回は手の第5指の整復法・固定法を行いました。
他院の先生方や学生のご参加もあり、意見や質問のある大変良い研究会になり、
今後の臨床に大変参考になる研究会でした。