あなたの症状検索

胸郭出口症候群

上肢(腕)の神経は、頚髄(首の脊髄)から分岐し、分岐した神経の一部が一塊となり腕神経叢を形成し、腕や手へいきます。腋の下を通過するまでに、筋肉や鎖骨と肋骨の間などたいへん狭いところを腕に行く血管と一緒に通過します。

胸郭出口症候群とはその腕神経叢と腕に行く血管(鎖骨下動脈、鎖骨下静脈)が胸郭出口部で骨や筋肉に圧迫されて起こる症状を言います。

圧迫する原因がいくつかあり、これらをまとめて胸郭出口症候群と呼びます。

前斜角筋と中斜角筋という首の筋肉の間で圧迫されると斜角筋症候群、鎖骨と第1肋骨の間で圧迫されると肋鎖症候群、小胸筋を通る時に圧迫されると過外転症候群、頸椎にある余分な肋骨で圧迫されると頸肋症候群といいます。

症状は腕や手のしびれ感・首、肩、腕などの痛み・脱力感・冷感・コリ・張り感などがあります。

治療法としましては骨の位置、筋肉を良い状態に維持するため、原因となる筋肉、頸、肩周辺の筋肉の緊張を除去する目的で、マッサージやストレッチ運動、低周波治療をおこなっていきます。

またハリ治療も効果的です。根気のいる治療ですが頑張っていきましょう。