あなたの症状検索

ガングリオン

10〜20才代の女性に多く、関節や腱鞘に発生する良性の腫瘤です。

手首や手背、足首に見られる事が多く、外見としては、手背や足背に親指の頭ぐらいの球状のふくらみがみられます。

ガングリオンが小さい時期には、手首を手の平側に曲げた時の痛みしか認められない事が多いです。

この球状のふくらみの中には、ゼリー状の粘液という水のようなものがはいっています。

症状としては、重大な障害はあまりみられません。時に手首を動かした時に痛みを生じることがあります。

また、神経の近くにガングリオンが出来て神経を圧迫した場合、その末梢にしびれが出現します。

治療としては、痛みと、美容上の問題という点を除去するために、超音波療法や、ソルボというゴムでできた板状のものをあて、圧迫を加える方法があります。

当院ではエコー観察により、ガングリオンの大きさなどを客観的にみています。

※腱鞘にできたガングリオンを腱鞘ガングリオンといいます。腱鞘とは腱を包む鞘で、ガングリオンは関節や腱鞘につながっています。大きさは米粒の1/2から米粒ぐらいです。治療は上記と同じですが、腱鞘にできたガングリオンはゼリー状の粘液が入った袋(ふくらみ)を圧搾することで治癒することが多いです。