あなたの症状検索

肘部管症候群

肘の内側の上腕骨内側上顆というくるぶしの後ろに、骨と靱帯で形成された肘部管というトンネルがあります。ここを尺骨神経という神経が通ります。

尺骨神経は直接骨に接しており、これを被うのは筋膜、皮膚のみなので、直接外部からの障害を受けやすく、また、トンネル内は狭くゆとりがない為、慢性的な圧迫や引き延ばしが加わると神経麻痺が発生します。

圧迫の原因には、トンネルを構成する骨が隆起した骨棘や、靱帯の肥厚、トンネル内外にできたガングリオン嚢腫などがあります。

初期は小指と薬指の小指側にしびれ感や放散する痛みが生じます。症状が進行すると、時には手の筋肉がやせてきたり、小指と薬指がまっすぐに伸びない鷲手変形が起こります。

筋力が低下すると、指を開いたり閉じたりする運動ができなくなります。握力も低下します。

当院では、電気治療、運動療法を施しています。症状が治まらないときには、手術を必要とすることもあります。