あなたの症状検索

ド・ケルバン病(de Quervain病)

親指を頻繁に使用する人に発生しやすく、別名、母指狭窄性腱鞘炎と呼ばれています。

中年の婦人に起こりやすく、時に外傷が誘因となることもありますが、リウマチ性ではありません。

この病気のメカニズムは、腱鞘という腱の浮き上がりを防止し、指を円滑に動かすために、要所でトンネル状に腱を覆っている靭帯構造が肥厚し、腱自体も腫れる為、その部で圧迫狭窄がおこることです。

症状としては、親指の使用時の痛み、手首の親指側で骨の突起部においての圧痛、腫れが著明です。また、手首を小指側に曲げると強い痛みが発生します。

治療は、患部の安静とアイシングが第一です。当院では、それらを基本として、テーピングやストレッチを施しています。また、症状の強い方には固定裝具を施しています。

完治には時間を要する事が多いので、根気よく治療を続けて下さい。