あなたの症状検索

三角線維軟骨複合体『TFCC』損傷

TFCCとは手関節の小指側にある軟部組織です。

三角線維軟骨、掌・背側遠位橈尺靱帯(三角靱帯)、手関節尺側側副靭帯などを含む手関節の尺側支持機構を総称して三角線維軟骨複合体(triangular fibrocartilage complex、TFCC)と言います。

尺骨と手根骨間のクッションとして働き、遠位橈尺関節に安定性を与えている。三角線維軟骨は手関節の動きに従って関節面の適合を調節している。

手を突いて転倒したり、手首を頻繁に使うことで手関節の小指側に痛みが生じます。

レントゲン像では一見異常がみられない外傷でも、この複合体が損傷されると手関節痛が残ってしまいます。

治療は電気治療、超音波治療、テーピングを行っていますが、症状がひどい方には固定を行っています。早く症状を改善させるには手を使わない安静が第一です。