あなたの症状検索

手根管症候群(しゅこんかんしょうこうぐん)

末梢神経が解剖学的に狭い部位を走るところで、関節運動の繰り返しにより末梢神経が圧迫を受けて神経の刺激症状あるいは麻痺を生じるのが絞扼性神経障害(こうやくせいしんけいしょうがい)であり、手根管症候群はその中の1つです。

手根管とは、手首の手のひら側にあり、指を曲げる9本の筋肉・腱と正中神経が通っているところです。

この部位が、圧迫されることにより、親指、人さし指、中指の正中神経支配の部位にしびれや痛みが出現、正中神経領域の知覚異常、母指球筋(親指の付け根にあるふくらんでいる筋肉)の萎縮を認めます。中年以降の女性に発症する場合が多く、時に両側性に見られます。

診断は、手根管を叩くと正中神経領域に疼痛・しびれが誘発される事や、手首を手の平側に曲げ、その位置を約2分間維持すると、しびれが増強する事等により容易です。

治療は、手根管部を圧迫しないような装具を作成し、装着してもらいます。

当初は夜間、就寝中だけ装着してもらっていますが、症状の改善のみられない患者さんには、1日中装着してもらう場合もあります。

また、手根管の圧迫を取り除く様、運動療法も行っています。ハリ治療も有効ですので御相談下さい。

日常生活でも、手首を手の平側に曲げる動作は出来るだけ避けて下さい。

装具を用いての長期間の治療になる場合が多いですが、根気強く頑張っていきましょう。