あなたの症状検索

椎体圧迫骨折

椎体圧迫骨折とは、背骨に圧迫が加わって押し潰されるもので、背骨の中でも腰の部分(胸腰椎移行部)での発生が多く、骨の形態は圧迫方向によって様々な形態になります。

原因は、交通事故などにより強い外力が背骨に加わった際発生する場合や高齢者の骨粗鬆症が起因となり発生する場合があります。

高齢者の骨粗鬆症が起因となる場合では軽く尻もちをついた程度や、車に乗っていて振動を受けた程度で発生するものも少なくありません。

症状は、骨折した骨やその周辺に痛みや重だるさが出現します。また外見上、背骨が飛び出して見えること(亀背、円背)が多いです。

治療は、骨の損傷の程度より異なります。高齢者の場合の多くは、コルセットを装着し2ヶ月程度の安静臥床(ゆっくり寝ていただく)とすることが多いです。

長期間に及ぶ腰背部の痛みや下肢の痺れを後遺症として訴える場合もあります。