あなたの症状検索

梨状筋症候群

おしりの奥のほうに梨状筋(りじょうきん)という筋肉があります。

梨状筋は仙骨(お尻の真ん中の骨)から始まり、足の付け根に付いており、股関節を外旋(足先を外に向ける)させる働きがあります。この筋が炎症もしくは過度の緊張状態になり、その下を通る坐骨神経を圧迫して痛みがでるものを梨状筋症候群といいます。

梨状筋症候群は比較的緩徐に発生します。原因としては、仕事で長時間座ることでおしりに圧迫を受けることや、運動でおしりの筋肉が過度に緊張した場合や、おしりの打撲などです。また稀に生まれつき坐骨神経の走行が圧迫をうけやすくなっている方もいます。

坐骨神経は骨盤から出てきた後に梨状筋の下を通過します。この部分で神経が挟まれる(専門用語で絞扼(こうやく)されるといいます)ことで、おしりの痛み、脚に放散する痛みやしびれをきたす疾患です。いわゆる「絞扼性神経障害」 という疾患に分類されます。

そして、その症状は椎間板ヘルニアなどによって起こる根性坐骨神経痛と非常に似ており、治療の前にどちらの疾患かを判断します。

治療としては、おしり周りの筋肉のストレッチ、鍼治療、電気治療やマイクロによる温熱治療があります。これらの治療で筋肉がほぐれ、神経の圧迫を取り除くことでき、痛みがとれていきます。