あなたの症状検索

足根管症候群(そっこんかんしょうこうぐん)

末梢神経が解剖学的に狭い部位を走るところで、関節運動の繰り返しにより末梢神経が圧迫を受けて神経の刺激症状あるいは麻痺を生じるのが絞扼性神経障害(こうやくせいしんけいしょうがい)であり、足根管症候群はその中の1つです。

足根管とは、内くるぶしの後下方にあり足関節や足の指を曲げる筋肉、脛骨神経、動静脈が通っているところです。ここで脛骨神経が締め付けられて足の裏や指にかけて放散痛や足の裏に知覚障害を認めることがあります。また足根管を叩くと脛骨神経領域に疼痛やしびれが誘発されます。

ガングリオンと呼ばれる親指の頭ぐらいの球状のふくらみが足根管を圧迫することによって発生することが多いので、その場合はガングリオンの治療をすれば症状は改善します。

また怪我や突発性によるものは長期間の治療になる場合が多いので根気強く頑張っていきましょう。

場合によっては、ハリ治療も有効ですので御相談下さい。