あなたの症状検索

脊柱側弯症

側弯症とは

脊柱が側方に湾曲し手いる状態で、特に右凸になることが多いです。

側弯症では次の4つについてチェックします。
@肩の高さに左右差がないか?
A片側の肩甲骨が突出していないか?
B前屈した時に片側の肋骨が隆起していないか?
Cウエストの線が左右対称か?

側弯症の種類

突発性側弯症・・・
原因不明の側弯症であり、日本では小中学生の時期に発生する事が多く、女子に多い。脊柱の発育が止まると共に側弯の進行もとまる。但し、胸椎側弯は悪化しやすいので注意しなければならない。

先天性側弯症・・・
胎内における無理な姿勢や脊椎の奇形。

習慣性側弯症・・・
作業時の不良姿勢による職業性側弯症。学習時の不良姿勢における学童期習慣性側弯症。学童期習慣性側弯は発育の未熟な体幹筋が脊椎を真っ直ぐ保持できない為に起こり、一時的なものである。

疼痛性側弯症・・・
腰痛の為など、痛みを回避しようと体幹を傾斜することにより起こる側弯症。

当院では側弯症の為におこる体幹筋の筋緊張をほぐし、電気治療、矯正、側弯体操、又側弯症の為に起こりうる併発症に対し治療を行っています。